カテゴリー別アーカイブ: 男性会社員

47歳男性会社員の割り切り体験

私はある大企業でエレクトロニクス関連のエンジニアをしています。研究所での基礎、応用研究以外の開発、設計は、製品毎の事業部の地方工場内で行われています。
そんな事もあり、研究所から事業部に異動になり、43歳で単身赴任で地方都市郊外の工場に転勤しました。
私の会社では、子供が中学、高校に通っている場合は、家族帯同での異動が困難だろうと、単身赴任先の住宅は無償で貸与され、また生活補助として少しですが手当ても支給され、経済的には比較的持ち出しが少なくて済み、助かります。
最初は慣れない単身赴任生活も、2年もすると何の不自由もなく、その生活を謳歌するようになります。
しかし、自由に飲みに出たりできる楽しさとは反対に、やはり家族と中々会えない寂しさや、女房とスキンシップを図る事もできず、悶々とした夜を過ごす事もあります。
余りの夜の寂しさに、現地で割り切りの付き合いができる女性を見つけようと思い立ちました。男性の勝手な理屈かもしれませんが、割りきりの肉体関係だけの付き合いなら、セックスの処理だけであり、決して浮気ではないと考えました。
割り切り故に、腐れ縁などのややこしい事になる可能性もなく、少々の出費は必要ですが、家庭を壊す心配もありません。
ネットで探して見ましたが、地方の小さな街で、中々簡単には見つかりませんでしたが、車で1時間程のその地方で最も大きな都市に割り切りの付き合いを求める女性を見つけました。
シティーホテルのロビーで初めて会いました。女房はぽっちゃりタイプですが、その女性はスレンダーなタイプで、タイプが違う事がむしろ気に入りました。顔は少し童顔ですが年齢は37,8と言った感じで、その若さも気に入りました。ネットでは、33歳との触れ込みでしたが、この程度のサバ読みは当たり前の範囲です。
その日の内に、ラブホで初めてのエッチを体験しました。女房にはない、男性を喜ばすテクニックはさすがだと感じました。割り切りの付き合いですが、その時は、まるで恋人のように振舞ってくれる事も嬉しい事でした。
それ以来、月に2度ほど、単身赴任を終えるまでの2年程付き合いました。最後の日には、さすがに少し感慨もありましたが、割り切りの付き合いで、何の問題もなく別れました。単身赴任の寂しさを埋めてくれた付き合いでした。